外壁塗装をさいたま市で依頼する際に大切なこと

大切な家族を雨や風から守ってくれる建物ですが、外壁が劣化するとその役目も意味をなさなくなってしまいます。よって外壁塗装は定期的なスパンで行う必要がある工事なのです。今回はさいたま市で外壁塗装をするうえで留意すべきことを紹介します。まず塗装工事は手抜きされやすい工事だということを知りましょう。本来であれば高圧洗浄、下地処理、下塗り、中塗りと工程を踏んでいくところを、悪徳業者は見た目の上塗りだけ行って完了することもあるそうです。金額が安いのにはこういったからくりがある可能性がありますので、見積内容をよく確認しておく必要があります。また塗装工事は、塗料が流れて落ちてしまうため、雨や雪の日にはできないこともあります。晴れの日でも塗料が乾かないうちは次の工程に進めないこともあるので、工事期間は長めにみておくことをおすすめします。工事延長の際の金額発生についても、業者によく確認しておきましょう。

さいたま市で信頼できる外壁塗装業者を選ぶポイント

さいたま市で信頼できる外壁塗装業者は、まずきちんと説明を行います。どういった工事をいつからいつまで行うのか、詳細に教えてくれるのが信頼できる業者です。隣近所に挨拶まわりもしてくれるのであればなお間違いありません。塗装工事は大きな金額になることが多いため、きちんと契約書を交わし、工事後の保証についても納得しないと頼むべきではないと思います。分からないことはすべて質問し、不安を解消して依頼するようにしましょう。次に、安易に値引きするような業者は要注意です。信頼できる業者は常に適正価格で勝負するため、簡単に値引きは行いません。しかし悪徳業者は値引き前提で見積を作ってきたり、手抜きするから安くしてもいいと考えが甘かったりします。塗装業者は金額よりも品質を重視して、慎重に選ぶようにしてください。

さいたま市の外壁塗装で見落としやすいところ

さいたま市で外壁塗装を行うとき、雨樋はまだ綺麗だから、と塗装範囲から除外したとします。しかし実際ほかのところを塗り終わってみると、雨樋だけ古く見えて気になるということが多くあるのです。そこだけ塗り直すためにまた足場をかけたり、日にちを伸ばしたりなどと、金額も時間も二倍、三倍とかかってしまいます。外壁塗装をする際は配管や樋などの細かいところも除外せず、すべて一気に行う方が後々トラブルにならずに済みます。またこの際だから外壁の色を変えようという場合は、色に注意してください。塗装材の色見本と実物とではイメージが全く違います。外壁は広い面に塗るので、仕上がりは薄く明るめに見える傾向にあるそうです。よって想像よりワンランクほど暗めの色を選ぶとイメージ通りに行きます。さらに太陽光に照らしてみたり、現場にある色と比較してみたりするとなおよいでしょう。

2017年12月21日